著作権法第二章 第一節 著作物

第二章 著作者の権利

第二章 著作者の権利 第五節 著作者人格権の一身専属性等 Section 5 Personal Nature of Moral Rights of Author, etc.

第五十九条(著作者人格権の一身専属性)Article 59(Personal nature of moral rights of author)

著作者人格権は、著作者の一身に専属し、譲渡することができない。

The moral rights of author shall be personal and exclusive to the author and57cannot be transferred.

第六十条(著作者が存しなくなつた後における人格的利益の保護)Article 60(Protection of moral interests after author's death)

1 著作物を公衆に提供し、又は提示する者は、その著作物の著作者が存しなくなつた後においても、著作者が存しているとしたならばその著作者人格権の侵害となるべき行為をしてはならない。ただし、その行為の性質及び程度、社会的事情の変動その他によりその行為が当該著作者の意を害しないと認められる場合は、この限りでない。

(1) Even after the death of the author, no person who offers or makes available awork to the public may commit an act which would constitute an act ofinfringement upon the moral rights of author if the author were alive; provided,however, that the foregoing shall not apply to such act where it is found to not beagainst the will of the author in light of the nature and extent of the act as well aschanges in social circumstances and other conditions.